Our new online mentoring service for emerging event directors has been released.

ヴォロシティ株式会社
2023年8月28日

イベントディレクター育成に特化したメンタリングサービスを開始

クリエイティブ・コミュニティ創出を目的にカンファレンスや展覧会などのイベント企画運営や新規事業創出を手掛けるデザインスタジオ、ヴォロシティ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:青木竜太)は、経験豊かな現役のディレクターがメンターとなり、イベントの企画・制作・運営を担当する「イベントディレクター」の育成をオンラインから支援するメンタリングサービスの提供を開始しました。
イベントディレクターは、計画立案やプロジェクト管理をはじめ、チーム管理、渉外業務、契約、資金調達など多種多様な業務を同時に行う必要があります。その過程で未経験の問題対応や困難な状況の意思決定が求められ、またイベントという性質上、多くの人たちと接することも多く、想像以上のストレスがかかり様々な悩みも発生します。必要なスキルセットや心理的負担は、経営者のそれと似たものがあり、実践を通して学ぶしかなく、経験の浅いイベントディレクターには、並走者が必要だと考えています。
(イベント事例:国際学会)
(イベント事例:国際学会)

【サービス概要】

本サービスでは、メンタリング対象者(メンティー)が担当するイベントを題材に、実務における課題や悩みに対して、メンターが経験に基づくアドバイスをビデオチャットを使用して1 on 1で行います。また問いかけや質問を投げかけながら、メンティー自ら解決方法を見つけ出すことを促します。メンタリングセッション後もチャットシステムを利用しサポートしていきます。
メンターの洞察とガイダンスは、単にスキルの向上だけでなく、精神的なサポートとしても機能し、メンティーの自己成長と効果的なリーダーシップ発揮につながります。組織外の直接利害関係のないメンターだからこそ、自己開示や相談が可能で、心理的安全も確保し、イベント含めた活動の成功に貢献できると考えています。またオンラインで行うからこそ、全国どこでも対応できます。
エントリーベーシックアドバンスエンタープライズ
費用(税別)5万円 / 月8.5万円 / 月13.6万円 /月応相談
(※) 希望に応じてメニューを設計。
事前ヒアリング(無料)1回1回1回同上
メンタリングセッション回数(1回1時間)月1回月2回月4回同上
セッション回数の翌月繰越なし同上
超過セッション費用(税別)(※1)5万円 / 回4.25万円 / 回3.4万円 / 回同上
登録可能メンティー数(※2)1名2名4名 同上
オンラインサポート(※3)同上
基本契約期間4ヶ月以上3ヶ月以上2ヶ月以上同上
長期契約時割引半年間:5%割引
1年間:10%割引
半年間:7.5%割引 1年間:12.5%割引半年間:10%割引 1年間:15%割引同上
(※1) 月の規定回数を越えた場合の費用
(※2) ベーシック以上の場合は、規定回数を登録メンティー数で分割可能です。例えば2名のメンティーに対してそれぞれ月1回のセッションを実施することが可能になります。
(※3)セッション時に出たトピックに対するフォローを目的に、チャットシステムで質疑応答を実施。新規トピックについては次回セッション時に対応。
 
(イベント事例:展覧会)
(イベント事例:展覧会)

【想定対象企業・団体】

下記のような課題や要望が当てはまる企業や団体の方は、ぜひご連絡ください。
  • 今後、事業と連携してイベントを通年にわたり開催していくことになったが、多岐にわたるイベントフォーマットとテーマ性の中で、目的や戦略に適合しているか不安がある。
  • 施設を運営しており、クリエイターたちが集まるコミュニティ構築を目指し、イベント運営も行っているが、いまいち盛り上がりに欠けている。
  • 国際学会を日本で開催することになり、実行委員長に任命されたが、イベント運営の経験がまったくなく、どこから手をつけていいかもわからない。
  • 社内にむけてビジョン共有や社内コミュニティ醸成を目的としたカンファレンス運営を通常業務に加えて兼任することになったが、上司も同僚もイベント運営経験者がおらず、企画や運営の話ができる壁打ち相手がいない。
  • コミュニティ構築など目的に向けて、イベント一つ一つの企画の調整や連携もしたいが、社内に全体を俯瞰してアドバイスできる経験者がいない。
  • イベントの運営は、専門業者に依頼しているが、どうしても単発のイベント運営にとどまり、中長期的な視点でのイベント設計ができていない。
  • 自社でイベント事業を行っており、コロナ禍明け後、事業が好調になり、若手イベントディレクター育成が急務だが、メンタリングや支援するほど内部の人的リソースに余裕がない。
  • イベント事業を統括することになったが、自分自身に現場経験がなく、部下に的確なアドバイスができない。
  • 登壇者を選ぶ基準が分からず、とりあえず有名人をキャスティングしたが、よくある企業イベントのようになってしまい、想定する参加者にも響かず、本来目指すものとは違うものになってしまった。
  • スポンサーやパートナーと事前の状況共有や信頼関係の構築が不足し、協賛を辞退されたことがある。
  • イベントの準備で手がいっぱいになり、チームビルディングの実施まで頭が回らず、メンバーが自発的に行動せず、計画にない細かな必要タスクが放置され、問題に発展したことがある。
  • WEBサイトや映像などクリエイティブ制作会社が大切にしている観点や制作プロセスがわからず、非現実的な無理難題を依頼してしまい、イベント直前で辞退されてしまった。
  • 出演者に正しい条件提示が出来ておらず、イベント直前にそれが発覚し、辞退されてしまった。
(イベント事例:作品制作イベント)
(イベント事例:作品制作イベント)

【メンター紹介】

青木竜太(ヴォロシティ株式会社 代表取締役社長、芸術監督、社会彫刻家)
価値あるアイデアを共有するイベントの子ども向けプログラム「TEDxKids」や、アート作品を制作するアートハッカソン「Art Hack Day」を日本で初めて開催するなど、国際学会などのカンファレンスや展覧会など、これまでに大小100以上の「場」を創り出してきた。非日常的な空間で、芸術家や研究者、技術者など多様な作り手たちと新しい概念や知恵を共有し、創造的な行為を通じて新しい関係性を築いていくことを得意とする。2020年からインスタレーション作品の発表を始め、2022年には第25回文化庁メディア芸術祭アート部門ソーシャルインパクト賞を日本人グループとして初めて受賞した。
イベント実績一覧(Google Slide版

【サービス導入手順】

  1. 下記「お問い合せ先」にサービス導入希望をお知らせください。
  1. 弊社からヒアリング日程候補日を提示しますので、日程調整をおねがいします。
  1. ヒアリングを実施し、サービスの説明や貴社の要望、メンターとメンティーとの顔合わせ、プランの確定、初回セッション日の日程調整およびオンラインツールの設定等を行います。
  1. メンタリングセッション開始。セッション終了時に次回セッション日程を調整します。

【お問い合せ先】

何か不明な点がある方は気兼ねなくご連絡ください。
mentor@volocitee.com(担当者:原)

【資料ダウンロード】

本プレスリリースのPDF版は下記よりダウンロードしてください。